文豪道学園
TOPへ
特集
添削道場
ミニ知識
学園長室
本学園のご案内
喫茶室デュエット
関連リンク
編集・文章技術サイト
≫日本エディタースクール
info_bungodo@hotmail.com
Copyright(C) 文豪道学園 All Rights Reserved.

「読まれる文章、伝わる文章を書きたい人へ」
 「小さな冊子」

谷崎漱一郎

読まれる文章、伝わる文章をどう書くか。これは当たり前すぎる課題なので、ヒントはどこにでもころがっていそうだ。
でも、そのお手本となる文章や、役に立つ本を探すとなると、容易なことではない。

あえて1冊をといわれれば、小さな冊子を紹介したい。そこにあるのは、

 人類は小さな球の上で……
 山林に自由存す……
 どこかに美しい村はないか……

などで始まる詩だ。

読まれて、読まれて、また読まれ、伝わり、伝わり、また伝わったものばかり。
ならば、そこにこそ読まれる文章、伝わる文章のヒントがあるはずだ。でも、それを解明したくはない。
じっくり目で追い、静かに口ずさむ。こうしているうちにそれと呼応するものが自分のなかに生まれるときがある、かもしれない。そう思うだけで十分すぎる。

この冊子は「ポケット詩集」。文庫本サイズのハードカバーで第3集まで出ている。ここで紹介したのは第2集で、茨木のり子の「倚りかからず」も収められている。

ポケット詩集
出版社:童話屋
価格: ¥1,313(税込)

ポケット詩集(2)
出版社:童話屋
価格: ¥1,313(税込)

ポケット詩集(3)
出版社:童話屋
価格: ¥1,313(税込)

≫他の人のも読む
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー