文豪道学園
TOPへ
特集
添削道場
ミニ知識
学園長室
本学園のご案内
喫茶室デュエット
関連リンク
編集・文章技術サイト
≫日本エディタースクール
info_bungodo@hotmail.com
Copyright(C) 文豪道学園 All Rights Reserved.
ミニ知識 第2回 「置換」応用編
【Word:置換】ウォーリーを赤でマークする
混み合う文字の中にいるたくさんのウォーリーを赤く染めてしまう。文章執筆した後でキーワードを色で染めておけば、そこに注意をしながら文章の点検ができます。
ほかにもいろいろな使い方がありそうですね。

<こんなときに便利>
書き上げた文章をもう一度、読み直して点検するときに、キーワード(人名や物など)に色を着けておきます。すると、そこに注意をしながら、文章を再読できます。ミステリーなら「犯人」が「どこ」と「どこ」に登場してくるのか、「犯人」にまつわる描写に矛盾がないかなど、気になるところがしっかり点検できます。この方法は、報告書などの点検でも使えます。

<使い方>

  1. 「ウォーリー」がいます。すべての「ウォーリー」を一発で赤い文字に変えましょう。
  2. 「編集」を左クリックすると、下のほうに「置換」が出てきます。「置換」タブを開き、「検索したい文字列」、「置換後の文字列」の両方に「ウォーリー」を入れます。
  3. 「置換後の文字列」のほうの「ウォーリー」を選択します。
  4. 選択した文字のすぐ左下の「オプション(L)」をクリックすると、枠が下に広がります。
  5. 枠の最下段の「書式」をクリックして「フォント」を選びます。
  6. 「フォントの色」の▼から赤を選びます。
  7. 下の「プレビュー」の文字が赤くなっています。「OK」を押します。
  8. 「すべて置換」をクリック!
  9. 文章中の「ウォーリー」がすべて赤い文字に置き換わります。

置換図01

置換図02

置換図03

置換図04

置換図05

置換図06

置換図07

置換図08

置換図09

▲ページトップへ

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー